ネイブラーが君の名を呼んでいる

9月10日、ブラインドボックスのスリーパー、ブラインドボックスのネイブラーV.2が45ドルで販売。他にも色々!

 

「君は俺はチャンスを逃したと言うが、俺に言わせればゆっくりと味わっているだけだ!」
「その時がまた訪れた」
「ザ・ネイブラーが帰ってきた!」
「アンダーバースから」

「ディープスリーパー ←新デザインだぜ」
「クラシックネイブラー V2」
「遥か彼方、反対側の、あなたから遠く離れた場所で彼らは誕生した! 油の浮いた水たまりに映る鏡像。」
「あらゆる魂に対してネイブラーは存在する。影と太陽の衛星、「君なら出来る」と言ってくれる存在!」
「ネイブラーといれば、君は君自身でいられる。彼は君について何でも知っているし、君のクールな点についても知っている!」
「とにかく、あまり近づかないように。ことが起きるとやっかいだから…」
『私のネイブラーったら凄く楽しいの! 彼はまるで象さんみたい』
「それは彼のナニだよ… → ネイブラー・シーズン2」