3AGO

多くの人が俺が昔懐かしいMEGO(※)の8インチフィギュア(訳注: 約1/9スケール)が大好きだと知っていると思うが、あのサイズや楽しさは常に俺の心を捉えて離さなかった! なのでこれはもう俺自身のを作るしかないと思うに至ったんだ!

と言うわけで俺の8インチ・キャラクターのコレクションを築き始めようと思う。ほとんどは俺自身のデザインの物になるが、いくつかはサプライズとして他の人のも予定している。このラインを開発するにあたってプラットフォームとしてTKを使っていて、これらは実際には提供する予定は無かったのだが、ほぼ完成しているから出す事にした。(NYTFでは3ALPHAGO TKの一団を用意しておくから、忍び込んでゲットすると良いよ。最終版ではないので諸々問題点はあるものの、クールな物だと思う!)

クールなラインナップを始められる段階になったらBambaにアップしよう。一つだけリリースすると言うのはやりたくない。いくつかから選べるようにしたいんだ、彼らが昔そうしていたように!

[アッシュ]

※訳注: MEGOは1970年代にマーベルやDCを題材としたフィギュアで一時代を築いた玩具会社です。
共通素体を用いてキャラクター毎に頭と服装だけを変える事で大量生産を可能としたり、8インチでフィギュアをほぼ統一するなど、1970年代のスタンダードを作り出しました。
また、厚紙製のカードの前面にフィギュアが透けて見えるブリスターを貼り付けると言う、今となっては当たり前のパッケージを最初に作り出したのもこのMEGO社です。
欧米にてMicronautsの名でタカラのミクロマン・シリーズの販売を請け負ったりもしていました(ちなみにAsh少年はこのMicronautsで初めてミクロマンに触れたそう)。
が、1970年代後半にスターウォーズのトイのライセンスを蹴ってしまったあたりから、他のハズブロ等のライバル会社に遅れを取る様になり、1982年に倒産してしまいました。

3ago1.jpg