終わりが近い - 明日予約販売開始

ザ・ラスト・トゥモローキング & ザ・アーチャー
トゥモローキング
1/6スケール

デザインド by アシュレイ・ウッド

最後の同胞を守り抜くと誓いし者

  • 12インチ(30.48cm)
  • クラシックTQに向けたTKlubアイテム全4品の内の3品目
  • 手縫いの布製衣服
  • セットの内容: アーチャーTK、ザ・ラスト・トゥモローキング・ベビー、弓、矢筒、矢×4、グレネード

USD $160 (全世界対応の送料込み)

 

「アーチャー・アンド・ザ・ラスト・TK」
「火星 - ネオ・キャメロット
眩しい太陽と暗く沈んだ王が居る」
キング「キティ、この糞ったれ! 俺はたった今、夢を見た。たぶん…」
キング「TKアーチャーと、赤ん坊?を見たんだ。そしてたくさんの死も!」
キティ「知っていた? それともその時は知っていた? 難しい質問かな、ニャーゴ」
キティ「物語はもう知っているんだろう? あのファンシーなアーチャーTKは赤ん坊を安全な場所まで連れていかないとならないんだ」
キティ「キングであるからには、アンダーバースの歴史は知っているだろう?」
キティ「アーチャーTKは優れた射手として知られていた。どんな距離からでも、どんなターゲットをも射抜くことが出来た!」
キティ「モーティスがTKの故郷を襲い、TKの皆殺し計画を実行に移した時に、全てが始まる」
キティ「兄弟達が戦って死んでいく中、アーチャーは走った。走りに走って、ハンターから逃れた!」
キティ「逃げたのは自分の身を守るためじゃない。みんなの未来を守るために走ったんだ。我々、彼ら、TK達、みんなだ!」
キティ「名誉の道、とTK達はみんなそう呼んでいる。洒落ているね。ここには教訓がたくさんつまっているんだぜ、我がキングよ」
?「我々の未来を託します。この子をザ・セブンまで届けなさい。そして今日からは父親となったことを知るのです!」
アーチャー「父親…」
キティ「続きは知っているだろう? まさか知らないのか? ポップボットを呼んできて、一杯用意させよう。その後で、どのようにして終わったのかを語ろうじゃないか…」
「TO BE CONTINUED」